就職氷河期

就活でサークルとバイトはどこまで話すか?


就職の面接の席で「大学生活で頑張ったことは何ですか?」という
質問をされることは多いようです。

そのような質問を受けた場合、どのように答えますか?

多くの人は、大学生活のサークルやバイトの話をするようです。

しかし、サークル活動やバイトの話は面接の席でどこまで
すれば良いのでしょうか。

また、どのような話をすれば面接官に好印象を持ってもらえるのでしょうか。

ハッキリ言うと銀のアンカーでも触れられているように
サークルやバイトの話はあまり喜ばれません。
みんな似たりよったりの話でアキられていますし、
仕事に役に立たないことが多いですから。

それでも面接官が興味をもったり、
他に話すことがなかったときなどは話しましょう。

まずサークル活動の中で得たものとして学生が答えることに、
リーダーシップをとることが出来た、コミュニケーション能力を
向上させることができたということがあります。

これは、面接の席でのサークル活動につきものの定番の答えとなっていて
面接官に好印象を与えることに繋がらないものです。

大学生でサークルやバイトをしているのは当たり前の事なので、
あえて人とは違う回答を用意するのも良い方法です。

例えば、気になることについて突き詰めて研究をしたとか、
ひたすら勉強の4年間だったこと。

スポーツに打ち込んだ4年間で、大きな大会で成果を出すことが
出来たなど。

どれも良くありがちな回答ですが、最近ではあまり聞かれないことで
面接官にとっても新鮮に映るのではないでしょうか。

面接では、学生の人間性や資質のようなものを見るのです。

うちの会社で働くことになった場合、どのような社員になってくれるのか
ということを見ていくので、面接官が好感を持つような受け答えを
することが大切です。

サークルとバイトの話は、自慢話になったり、
誰もがそう答えるだろう答えは用意しないなど
工夫をすることが大切ですね。

【いい情報はお金を払って手に入れろ】

就活生は就職のことに対してなにもわかりません。だからリクナビやマイナビに登録して情報を求めようとします、しかしそんなところにいい情報なんてあるのでしょうか?誰もが登録できるところに必要な情報がありますか?ないです!就職情勢というのは常に変化します。その一刻一刻に対応する情報は一部の人だけで共有し、大衆には知らされません。

ハッキリ言います!
いい情報とは有料なのです!

だから情報にお金をケチっている貧乏学生はなかなか内定が取れません。それをわかってない就活生も多いですが、親も多いです。就活は他の学生との勝負、競争、なのです。他の学生を出し抜くためには他の学生がもってない有益な情報が必要なのです。今どこの業界が人材を欲しがっているか、どんな条件を求めているか、それを知らずして勝ち抜けるほど就職戦線は甘く有りません。有料情報はたった数万円です。就職できない非正規労働者と正規労働者の障害賃金格差が1億円以上なのを考えれば、必要な投資と割り切れるでしょう。そこで迷っているから、優柔不断と判断されて内定がもらえないのです。あなたが迷っている間に、決断の早い学生はすでに行動を起こしています。それができる学生とできない学生の差となってどんどん開いていきます。


【2013年新卒向け】 トップMBA式 就職内定術  


(新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法  

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【...



就活情報ならこれ!
これぐらいは読んでおけ!
漫画だからすぐに分かる!
分からなかったら絶望的

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻

価格:4,280円(税込、送料別)