就職氷河期

就活には英語などの外国語が必要

言うまでもないですが、日本は少子高齢化です!

国内の内需は減り続け、消費も細り続けています!

だから、大企業のほとんどは成長著しい新興国などの需要を取り込もうと海外進出し続けています!

そのため就職の際、英語を話すことができるかどうか、ここは大事なポイントとなります。実際顧客には外国人も多いもの、そういった場合多くの国で公用語として使用される英語が話せるかどうかでは、かなり見方が変わってきます。なんだかんだで、結局、世界で一番使われているグローバルスタンダード言語は英語:Englishなのです。英語ができるかどうかで、担当する顧客も変化するでしょうし、戦力として期待されます。就職氷河期では、即戦力を期待できる人材が求められています。その為、英語など外国語を話すことが出来れば、就職にかなり有利になります。

就職氷河期とはいっても、企業の募集はありますし、使える人材は欲しいというのが企業の本音です。特に円高が進んでいる現在では、海外に工場など移転すう企業も多く出てくるでしょう。そういった時、海外でも対応できるスキルを持っていると重宝されるものです。今後企業も国際競争力を高めていく必要がありますので、英語を話せる人材の確保は必須です。その為、就職の際、英語を話せることは大切な要素になるのです。

就職氷河期は企業の求める人材のレベルが高い時期でもあります。英語が話せること、これが内定の最低限のハードルになる場合もありますので、英語の取得は必要なのです。また、在学中の留学経験なども評価される事もありますね。大学4年生の秋には、留学から帰ってきた留学生の争奪戦が行われています。特に新卒では、基本能力としてコミュニケーション能力は、面接の際重要な判断材料になりますので、英語の有無はかなり印象も変わります。大手企業では、社員をグローバル化していく事を基本に英語を話せる人材を積極的に採用するといった例もありました。今後就職氷河期は終わらない可能性もあります。就職氷河期を乗り切っていくには、英語など外国語を話せるといった武器は有効ですので、進んで取得したいスキルです。

「そんなこと言っても俺は英語なんて勉強してこなかった・・・」

それですぐ諦めてしまうような方がいます・・・。一番内定から遠い存在です。人事担当は、今すぐ英語ペラペラの人材なんて期待していません。英語がしゃべれても仕事ができなければいけません。誰だって最初から仕事できる人なんていません。では、どういう人が仕事ができるようになるか?それは常に向上心を持ち続けて努力する人です。そのため常に ”できないことへ挑戦する心” それが一番大切なのです。下の英語塾プログラムでも使って、ある程度さわりを済ませた後で、「今、英語を勉強中です」 それでいいんです。

YouCanSpeak  

【いい情報はお金を払って手に入れろ】

就活生は就職のことに対してなにもわかりません。だからリクナビやマイナビに登録して情報を求めようとします、しかしそんなところにいい情報なんてあるのでしょうか?誰もが登録できるところに必要な情報がありますか?ないです!就職情勢というのは常に変化します。その一刻一刻に対応する情報は一部の人だけで共有し、大衆には知らされません。

ハッキリ言います!
いい情報とは有料なのです!

だから情報にお金をケチっている貧乏学生はなかなか内定が取れません。それをわかってない就活生も多いですが、親も多いです。就活は他の学生との勝負、競争、なのです。他の学生を出し抜くためには他の学生がもってない有益な情報が必要なのです。今どこの業界が人材を欲しがっているか、どんな条件を求めているか、それを知らずして勝ち抜けるほど就職戦線は甘く有りません。有料情報はたった数万円です。就職できない非正規労働者と正規労働者の障害賃金格差が1億円以上なのを考えれば、必要な投資と割り切れるでしょう。そこで迷っているから、優柔不断と判断されて内定がもらえないのです。あなたが迷っている間に、決断の早い学生はすでに行動を起こしています。それができる学生とできない学生の差となってどんどん開いていきます。


【2013年新卒向け】 トップMBA式 就職内定術  


(新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法  

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【...



就活情報ならこれ!
これぐらいは読んでおけ!
漫画だからすぐに分かる!
分からなかったら絶望的

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻

価格:4,280円(税込、送料別)