就職氷河期

最低水準の内定率や求人倍率

就職氷河期では、就職が困難な時期ですので、有効求人倍率は低くなります。
1992年までは1倍以上の求人倍率でしたが、1993年のバブル崩壊後からぐっと下がりました。
1993年の0.76倍から始まり、1倍以下が2006年まで続いています。
2006年、2007年と景気が回復してきた二年は1倍を超えましたが、その後のリーマンショックでまた求人倍率は低下しました。
2010年の求人倍率は0.52となっています。
過去最低の求人倍率は2009年の0.47でしたが、2012年も最低水準の求人倍率になると言われています。

2007年のリーマンショック以降、企業の業績は回復傾向にありましたが、未曽有の円高で輸出企業の業績が悪化しています。
その為、企業の求人数は下がり、有効求人倍率は下がっています。
大学生の求人倍率においても、2012年度の卒業生は悪かった2011年よりさらに悪化、1.23となっています。
特に従業員千人以下の中堅企業が求人を減らしています。
これは中堅企業の体力が回復しておらず、未だ景気も回復していない事を示しています。

ただ、最低水準の求人倍率とはいえ、就職出来ないわけではありません。
実際就職活動というのは、企業の求人という席の取り合いです。
自分をアピールし、企業にどう売り込んでいくかが重要になってきます。
景気のいい時と比較し、より努力が必要になっただけとも言えます。
最低水準の求人倍率という事は、努力も今までより最大限の努力が必要と言う事になりそうです。

【いい情報はお金を払って手に入れろ】

就活生は就職のことに対してなにもわかりません。だからリクナビやマイナビに登録して情報を求めようとします、しかしそんなところにいい情報なんてあるのでしょうか?誰もが登録できるところに必要な情報がありますか?ないです!就職情勢というのは常に変化します。その一刻一刻に対応する情報は一部の人だけで共有し、大衆には知らされません。

ハッキリ言います!
いい情報とは有料なのです!

だから情報にお金をケチっている貧乏学生はなかなか内定が取れません。それをわかってない就活生も多いですが、親も多いです。就活は他の学生との勝負、競争、なのです。他の学生を出し抜くためには他の学生がもってない有益な情報が必要なのです。今どこの業界が人材を欲しがっているか、どんな条件を求めているか、それを知らずして勝ち抜けるほど就職戦線は甘く有りません。有料情報はたった数万円です。就職できない非正規労働者と正規労働者の障害賃金格差が1億円以上なのを考えれば、必要な投資と割り切れるでしょう。そこで迷っているから、優柔不断と判断されて内定がもらえないのです。あなたが迷っている間に、決断の早い学生はすでに行動を起こしています。それができる学生とできない学生の差となってどんどん開いていきます。


【2013年新卒向け】 トップMBA式 就職内定術  


(新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法  

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【...



就活情報ならこれ!
これぐらいは読んでおけ!
漫画だからすぐに分かる!
分からなかったら絶望的

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻

価格:4,280円(税込、送料別)