就職氷河期

内定率のデータ

内定率のデータ

職氷河期では、就職が難しくなってきますので、就職内定率も下がっています。初めて就職氷河期という言葉が出てきたのは、1992年に就職雑誌から始まりました。最初は造語でしたが、今では確立した言葉になっています。就職氷河期は1997年のバブル崩壊後からですが、就職内定率は非常に低く4月1日時点で94.5%でした。それ以降就職内定率は下降の一途をたどっています。

2002年になると、就職内定率は92.1%と回復していきますが、2009年の95.7%を境に急激に低下しました。2010年では91.8%、2011年では91%です。これは、各時代の景気も表しています。

就職氷河期を表す数値に就職内定率もありますが、その他の就職氷河期を表す言葉に有効求人倍率もあります。2009年の有効求人倍率は0.47であり、非常に低くなっています。さらに求人はだしても、良い人材でなければ採用しない厳選採用というケースもあります。その為有効求人倍率より、不景気な時代では実情はさらに低いといえるでしょう。

2011年現在でも、円高や多くの自然災害などにより不景気な時期ですので、就職内定率は低い段階にあります。就職活動開始時期についても、就職活動の早期化が進んできましたが、現在では最終学年の4月1日からになっています。その為、企業見極めの期間が減少することになります。加えて景気の見通しがたたない現状では、高校生の就職目的の進学、大学全入学時代、大学生の供給過剰、不景気による企業の採用抑制、さらに就職留年者の参加と、就職戦線は本当にひどいものになってしまっており、これからも改善することはなさそうです。

【いい情報はお金を払って手に入れろ】

就活生は就職のことに対してなにもわかりません。だからリクナビやマイナビに登録して情報を求めようとします、しかしそんなところにいい情報なんてあるのでしょうか?誰もが登録できるところに必要な情報がありますか?ないです!就職情勢というのは常に変化します。その一刻一刻に対応する情報は一部の人だけで共有し、大衆には知らされません。

ハッキリ言います!
いい情報とは有料なのです!

だから情報にお金をケチっている貧乏学生はなかなか内定が取れません。それをわかってない就活生も多いですが、親も多いです。就活は他の学生との勝負、競争、なのです。他の学生を出し抜くためには他の学生がもってない有益な情報が必要なのです。今どこの業界が人材を欲しがっているか、どんな条件を求めているか、それを知らずして勝ち抜けるほど就職戦線は甘く有りません。有料情報はたった数万円です。就職できない非正規労働者と正規労働者の障害賃金格差が1億円以上なのを考えれば、必要な投資と割り切れるでしょう。そこで迷っているから、優柔不断と判断されて内定がもらえないのです。あなたが迷っている間に、決断の早い学生はすでに行動を起こしています。それができる学生とできない学生の差となってどんどん開いていきます。


【2013年新卒向け】 トップMBA式 就職内定術  


(新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法  

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【...



就活情報ならこれ!
これぐらいは読んでおけ!
漫画だからすぐに分かる!
分からなかったら絶望的

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻

価格:4,280円(税込、送料別)