就職氷河期

リクルーターとは何か


リクルーターという言葉を知っていますか?

就職活動を行なってきた人や、就職活動中の人には、
とっても馴染み深い言葉かもしれません。

リクルーターは、大学などのOBやOGが人事や採用に直結することを
言います。

実際には、企業に勤めている大学などのOBやOGが先行を目的に
学生に会って面談などを行うもので、採用の選考の対象となるものです。

主にこのリクルーター制度は、商社や金融機関、メーカーなどの
大企業で根強い採用制度のひとつとなっています。

自分が希望する企業のリクルーターと会う機会に恵まれるというのは、
採用試験を受験する人にとっては、かなりチャンスといえます。

なるべくこのチャンスを活かすことが出来るように
最大限のベストを尽くすようにしましょう。

リクルーターは、突然電話をかけてくることがあります。

特に、リクルーターという風に名乗ることはなく、
「懇親会に参加しませんか?」「当社の社員と会って話をしてみませんか?」
などというふうにお誘いを受けるようです。

自分が希望する企業ではない場合も多く、戸惑う人も多くいるようです。

また、ゼミの終わる時間頃を見計らって現れ会社説明をするリクルーターも
いるようです。ゼミの直後ということで、予め教授と打ち合わせ済みで
どんな人が参加しているのかということもチェック済で、この後に
直接電話がかかってくるようです。

実際にリクルーターと呼ばれる人と会ってみると、
選考されているという雰囲気はないのですが、次はそれが狙いなのか
選考は始まっています。
面談の結果、見込みがないなと思われたらそれ以上の連絡は途絶える
ようです。

リクルーター制度は、どの企業もあえて公表しておらず、
水面下で行われることが多いようです。

自分の働きたいと思う企業のリクルーターと出会うことができれば
大きなチャンスと思って頑張ってみると良いですね。

 

【いい情報はお金を払って手に入れろ】

就活生は就職のことに対してなにもわかりません。だからリクナビやマイナビに登録して情報を求めようとします、しかしそんなところにいい情報なんてあるのでしょうか?誰もが登録できるところに必要な情報がありますか?ないです!就職情勢というのは常に変化します。その一刻一刻に対応する情報は一部の人だけで共有し、大衆には知らされません。

ハッキリ言います!
いい情報とは有料なのです!

だから情報にお金をケチっている貧乏学生はなかなか内定が取れません。それをわかってない就活生も多いですが、親も多いです。就活は他の学生との勝負、競争、なのです。他の学生を出し抜くためには他の学生がもってない有益な情報が必要なのです。今どこの業界が人材を欲しがっているか、どんな条件を求めているか、それを知らずして勝ち抜けるほど就職戦線は甘く有りません。有料情報はたった数万円です。就職できない非正規労働者と正規労働者の障害賃金格差が1億円以上なのを考えれば、必要な投資と割り切れるでしょう。そこで迷っているから、優柔不断と判断されて内定がもらえないのです。あなたが迷っている間に、決断の早い学生はすでに行動を起こしています。それができる学生とできない学生の差となってどんどん開いていきます。


【2013年新卒向け】 トップMBA式 就職内定術  


(新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法  

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【...



就活情報ならこれ!
これぐらいは読んでおけ!
漫画だからすぐに分かる!
分からなかったら絶望的

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻

価格:4,280円(税込、送料別)