就職氷河期

就職できなくて専門学校や大学院へ進学

就職氷河期では、その就職率の低さからスキルアップの為専門学校や大学院へ進学する学生もいます。また、二年待つことで不景気が終わり、求人が増えるのを待つといった人もいるでしょう。ですが、実際不景気から回復するといった保障はありません。これからは毎年就職氷河期なのです。もし大学院や専門学校に進学するのなら、目標をもって進学すべきでしょう。

大学院によっては研究時間も長く、拘束時間も長い場合があります。その場合、就職活動は出来ませんし、さらに時間をより拘束されるだけといった事になりかねません。その為、目的があった進学するのなら良いのですが、不景気という時間が過ぎるのを待つ為に、といった為ではお勧めできません。

実際就職氷河期といっても就職できないわけではありません。2011年の就職内定率は91%、確かに低い数値ではありますが、逆に言うと9割は就職できるという事です。では何故就職しにくいと言われるのか、それは就職する為の努力によります。就職氷河期は、通常より就職しにくいのではありません。優秀な人材は就職していっています。より努力が必要な時期ということなのです。

その為、逃げとなる進学では、可能性を狭くするだけとなる事もありますので、注意すべきですね。希望の就職先に勤める為には、どのような活動をしていけばいいのか、そこを考えていく事が重要です。その為の進学なら有用ですが、それ以外の理由でしたら、検討の余地があると思います。就職は人生にとって重要なチャンスです。より良い就職をする為に全力を尽くすべきです。

いずれにしても高校生の就職目的の進学、大学全入学時代、大学生の供給過剰、不景気による企業の採用抑制、さらに就職留年者の参加と、就職戦線は本当にひどいものになってしまっており、これからも改善することはなさそうです。何もしない怠慢な学生は内定が取れなくて当たり前なのです!

【いい情報はお金を払って手に入れろ】

就活生は就職のことに対してなにもわかりません。だからリクナビやマイナビに登録して情報を求めようとします、しかしそんなところにいい情報なんてあるのでしょうか?誰もが登録できるところに必要な情報がありますか?ないです!就職情勢というのは常に変化します。その一刻一刻に対応する情報は一部の人だけで共有し、大衆には知らされません。

ハッキリ言います!
いい情報とは有料なのです!

だから情報にお金をケチっている貧乏学生はなかなか内定が取れません。それをわかってない就活生も多いですが、親も多いです。就活は他の学生との勝負、競争、なのです。他の学生を出し抜くためには他の学生がもってない有益な情報が必要なのです。今どこの業界が人材を欲しがっているか、どんな条件を求めているか、それを知らずして勝ち抜けるほど就職戦線は甘く有りません。有料情報はたった数万円です。就職できない非正規労働者と正規労働者の障害賃金格差が1億円以上なのを考えれば、必要な投資と割り切れるでしょう。そこで迷っているから、優柔不断と判断されて内定がもらえないのです。あなたが迷っている間に、決断の早い学生はすでに行動を起こしています。それができる学生とできない学生の差となってどんどん開いていきます。


【2013年新卒向け】 トップMBA式 就職内定術  


(新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法  

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【...



就活情報ならこれ!
これぐらいは読んでおけ!
漫画だからすぐに分かる!
分からなかったら絶望的

銀のアンカー 銀のアンカー 全巻

価格:4,280円(税込、送料別)